未確認ちゃんねる

未確認生物や未確認飛行物体などロマンあふれるオカルトな2chまとめブログです。

生きている天才数学者で打線組んだった

lgf01a201305020200


1: 名無しさん 2017/04/01(土) 23:19:02.37 ID:vdI43bnt0
1捕マイケル・アティヤ

2遊ジョン・ウィラード・ミルナー

3二マキシム・コンツェビッチ

4中ピエール・ドリーニュ

5右ミハイル・グロモフ

6一アンドリュー・ワイルズ

7左アラン・コンヌ

8三ジョン・テイト

9投エドワード・ウィッテン

【UMA】メキシコのビーチに未確認生物の死体が漂着!これは新種の「グロブスター」か?

1: 名無しさん 2017/04/02(日) 13:05:00.38 ID:Orleo7460 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
2016年3月9日、メキシコ、アカプルコの観光地ボンフィルビーチに奇妙な生物の死骸が打ちあげられた!

事件を報じたニュースサイト「Mexico News Daily」によれば、海辺を散歩していた人物が発見し撮影。後にその画像をSNSにアップしたことで世界中に拡散し、話題になった。

死骸は全長約4メートル、画像をご覧のとおり、全体的にブヨブヨした質感で皮膚は灰色。
丸い頭部には筋状の目、さらには鼻と口らしきものがあり、そこかしこに無数の穴があいている。

その正体はクジラの内臓もしくは脂質ではないか、という意見も出たが、目や鼻、口のようなものが確認できるという意見もあり、それとは“別モノ”だと指摘する者もいる。

しかも発見当時、腐敗による悪臭がまったくなく、その後、急速に腐敗していったことからメキシコ当局は、これを単体の生物と見ているが、正体についてはわからないとコメントしている。

だが、現場で死骸を調査した警察当局のサバス・デ・ラ・ローサ・カマチョによると、棒でつついたり突き刺したりした際、体内に骨があることが判明したという。
また、表面の状態などから海岸に打ち上げられる前、この生物は沖合を長いこと漂っていた可能性があると証言している。
このことからも、これが単体の生物である可能性が高く、脂質・内臓説は否定できそうだ。

はたして、その正体は何なのか?

死骸を見たUMA研究家たちの間では、謎の漂着UMA“グロブスター”ではないか、と指摘されている。
グロブスターとは、各地の海岸に打ち上げられる正体不明の生物、または肉塊のことで、著名なアメリカの動物学者故アイヴァン・T・サンダースン博士が、
grotesque(グロテスク)、blob(死体)、monster(怪物)を組み合わせて“グロブスター”と名づけた。

古くは1800年代後半からその存在が報告され

【ムーUMA情報】これは新種の「グロブスター」か? 「クジラではない何か」の死骸がメキシコのビーチに漂着!
http://getnavi.jp/life/124660/
no title

no title

【悲報】2018年に人類が滅亡へ 新たな「死海文書」が発見

1: 名無しさん 2017/04/01(土) 14:41:28.14 ID:R/Xd4TnU0 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
今年に入って早々、考古学界に衝撃的なニュースが全世界を駆け巡った。イスラエルのクムラン洞窟から新たな「死海文書」が発見されたというのだ。

「死海文書」とは、その名のとおり、死海のほとりにある洞窟から出土した『旧約聖書』の写本及び、ユダヤ教の宗教的規範や預言を記した文書で、
1947年に発見されて以来、現場は徹底的に発掘調査され、もはや遺物は何もないといわれてきただけに、
聖書学者はもちろん、歴史学者たちは驚きを禁じえなかった。

 何より、発見されたのが、ほかでもなく、2017年だったことに注目するユダヤ教徒も少なくなかった。
そう、最初に「死海文書」が発見されてから、今年は、ちょうど70周年の節目に当たるのだ。

 ゲマトリア数秘術の聖数7×10=70はもちろんのこと、「死海文書」に含まれる預言書「ダニエル書」のなかに、この70年という文言が記されているのである
。預言者ダニエルは同じく預言者エレミヤの言葉を引き合いに出しながら、再建された聖都エルサレムの荒廃が70年続くと述べている。

 これに関して、別の部分でエルサレムの復興と再建の御言葉が出された後、7週と62週、すなわち69週後に広場と堀が再建されると記されている。
この「御言葉」こそ、発見された「死海文書」だった可能性がある。
というのも、1947年から69週後、すなわち1948年に、約2000年ぶりに流浪の民、ユダヤ人たちが約束の地シオンに帰還し、イスラエルの建国を宣言した

『旧約聖書』の預言通り、彼らはイスラエルの再建を果たしたのだ。

■「死海文書」が告げる世界の終末…

 ダニエルの預言が正しければ、この年を起点として、70年を経た2018年、ついに荒廃のクライマックスを迎える。
人類破滅の大戦争が勃発することになる。
今年、2017年2月に、新たな「死海文書」が発見されたということは、両義預言として、ここから同じく69週をもって、
聖都エルサレムが再建される可能性があると、示している。

【悲報】2月に発見された「死海文書」の予言通り! 世界はすでに“終末”に向かっていた!
http://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201704_post_12646.html
no title

彡(゚)(゚)で学ぶゼロ戦の真実

1: 名無しさん 2017/03/31(金)20:34:14 ID:Gti
彡(゚)(゚)「なんやおもろい映画ないかなぁ…ん?なんやこれ」
彡(゚)(゚)「永遠の0…なんやちょい前にはやっとったなぁ。暇やし借りて見てみるやで!」
彡(゚)(゚)「同じ飛行機つながりで風立ちぬも借りてきたわ。見たろ!」

彡(-)(-)「いやぁ…いい映画やった。日本は70年も前からこんな優れた戦闘機を作っていたのに、戦争が国家を狂わせ、物量に勝るアメリカによってついには特攻に至ってしまったんやな」

彡(゚)(゚)「せや!もっとゼロ戦について調べたろ!」

彡(^)(^)「Googleさんワイに教えてクレメンス♪」

【動画あり】衝撃映像! ビッグフットの肉を食べた男、その直後に激しく嘔吐

1: 名無しさん 2017/03/22(水) 22:29:08.31 ID:CAP_USER9
射殺された獣人の正体は?

アメリカのUMAの代表格といえば獣人ビッグフットだが、足跡や写真は数多く報告されていても、捕獲はもとより死体など、実在の決め手となるべき物証がないまま現在に至っている。

ところが2017年1月、思わず目が点になってしまう証拠が現れた!

あろうことか切断されたビッグフットの手と足、そして臓器と称する物体が動画で公開されたのだ。

https://www.youtube.com/watch?v=K43Aib5rovI


https://www.youtube.com/watch?v=ft7nBx9oRl4



衝撃的な動画を投稿したのは、アメリカ、ニューヨーク州ブルックリンでドッグ・トレーナーをしているピーター・ケイン。彼が映像で公開した遺体の一部は、かつて父親が射殺したビッグフットで、切断した部位は冷凍保存されていたという。

最初の動画で、彼は切断された大きな手を披露した。肘のあたりから切断された毛深い右手である。骨や筋肉らしきものが露出しており、とても作り物とは思えない。

一緒に入っていた紙きれには1953年9月23日と書かれていた。これは父親が射殺した日付だという。だが、遭遇した場所などの詳細はわからない。この手だけ見ても、体長が3メートルを超える個体だった可能性も考えられる。

また、別の動画でケインは足首を披露している。切断面には筋肉に包まれた太い骨が突き出ている。40センチは優にありそうだ。しかし、表面にカビが生えているのか、ごつごつして褐色の木にコケが生えているようにもみえる。

その切断面をドライヤーで溶かすと、熱で溶けたのか、血の混じった体液がしみ出てきた。次に彼は、狩猟用ナイフで溶かした部分を切り取った。

その後、別の映像でケインは、カットした肉片をフライパンで焼き、食べてしまったのだ。その直後に激しく嘔吐する声が動画に入っている。

この映像で、ついにビッグフットの存在が実証された、というわけにはいかない。彼が披露した物証が本物かどうかは、疑う余地は十二分にある。部位を前にした彼の一方的な証言だけで、肝心の頭部や胴体が公開されていないからだ。

披露した部位が、実際にビッグフットの死体の部位だと主張するなら、まずは人類学者など専門家による調査が為されるべきだろう。その点について、ケインはX線による調査やDNA鑑定を行うことを検討しているという。ならば、すぐにでも実行してほしいものだ。

ちなみに、未公開の頭部と胴体だが、「冷蔵庫に保管してある。そのうち見せてやるさ……」とケインは口走っている。であるなら、一刻も早い公開を筆者は願ってやまない。

(「ムー」2017年4月号より抜粋)

文=並木伸一郎
http://gakkenmu.jp/column/10730/

Twitter プロフィール
UMAやUFOなどロマン溢れるオカルトな2ちゃんねるまとめです。
スポンサードリンク
カテゴリー
アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
管理人にメッセージ

名前
本文